冬こそアンチエイジングの季節〜小雪〜

こんにちは。

kampo's薬剤師・薬膳師の山口りりこです。

もうすでに冬の気配を感じますね。

24節気も《小雪しょうせつ》です。

【漢方流アンチエイジングとは?!】

《アンチエイジング》

って最近のワードで、漢方には関係なさそうに思えませんか。

実はすごく得意なジャンル

なのです〜〜!


漢方の元となっている中医学は

皇帝のための医学として、お偉いさんたちの健康をまもってきました。

そして人の欲望の行き着く先は

不老不死、不老長寿!

まさにアンチエイジングですね。

アンチエイジングに欠かせない《腎じん》が今日の主役です。


【アンチエイジング=腎の強化】

《腎じん》

といっても解剖学的にいう腎臓よりも大きな意味となります。


腎臓の働きも含めるのですが

アンチエイジングに大きく関わっているのは

《精せい》を蓄えておく場所であるということ。


《精せい》というのは生命の根本となるエネルギーのことです。

老化とはこの精が減っていくこと。


同じ年齢でも

若く見える人と老けて見える人がいますよね。

《腎精じんせい》の違いかもしれません。

腎を補って若々しくいたいものですね。


【腎を補うアンチエイジング食材】

黒豆、黒ごま、海藻、山芋、くこの実


【スッポンは精力剤?!】

まさにスッポンは薬膳で腎を補う食材として使われます。


先ほどでてきた

《腎精じんせい》は陰・陽の大元として考えます。

すっぽんは特に陰(いん)を補う力が強い食材です。


陰とはなにかというと・・・

簡単にいうと《潤い》です


そのためにスッポンは精力剤にも!お肌ぷるぷるにも!なるのです♩


【小雪kampo's前菜】

シークリスタルのサラダ

〜アンチエイジング海藻ソース〜

11/22〜12/6




【月の満ち欠けに合わせた薬膳美容生活】

2018.12.16(日)

来年の美容目標を一緒にたてませんか?

薬膳ビュッフェ・フリードリンク

内容盛りだくさんのイベントです(^ ^)♩

漢方薬剤師による健康・美容のつくり方

東洋医学の知恵をつかって健康や美容に関して配信 漢方は難しいと思われがち。はじめての方にも分かりやすいように心がけています。

0コメント

  • 1000 / 1000