「汗」=代謝が良い=健康???〜立秋〜

こんにちは。

kampo’s薬剤師・薬膳師山口りりこです。


24節気は《立秋》です。徐々に秋に向かう準備を始めるころですね。


もうすぐお盆休みでお出かけ予定があるかたも多いと思います。

暑さに負けず元気にお休みを楽しみましょう! 

【「汗」=代謝が良い=健康 ???】

ここまで暑いと少し動くだけでも汗が流れでてきますね。

汗は特に体温調整をするのに役立っています。

みなさま「汗」をかくことをどのようにとらえていますか。 


「汗」=体の機能(代謝)が良い=健康 

だと思われがちです。


しかし汗のかきすぎは《エネルギー不足、汗をとめる力がない》ともとらえられ、

漢方薬にて治療することもあります。


汗と一緒にエネルギーももれでてしまうため、疲れがひどくなるのです。 

✔︎普段から疲れやすい
✔︎風邪をひきやすい
✔︎病気やケガの治りがおそい
✔︎すぐ横になりたがる
✔︎食後の眠気が強い

ような方は、汗をかきやすい夏はバテやすいので注意が必要です。 


【おすすめ食材】

夏野菜・・・トマト、なす、きゅうりなど

酸味のある食材 ・・・酢、梅、レモンなど


【5つの味の役割】

漢方では多くものもを5つに分類する考えがあります。

味も5つにわけ体にどのように作用するか、お伝えします。


甘み:パワーチャージ、体をゆるめる・・・お米、芋類

辛味:発散、めぐりをよくする・・・生姜、ねぎなど薬味

塩味:固まってしまったものを柔らかくする ・・・海藻類


そして特に夏に必要な酸味・苦味です

酸味:キュッとしきしめ汗など外にもれでるのを防ぐ役割・・・酢、柑橘類

苦味:熱とり、体内の湿気取り、排出作用・・・緑茶、ゴーヤ


【立秋kampo's前菜】

ミニトマトのピクルス

〜ハーバリウム仕立て〜

8/7〜8/22



夏の特別セミナー【漢方アンチエイジングヨガ】

8/5の第一回目が終了しました(^ ^)!


ヨガは体と心にアプローチできるので、運動不足に加え、ストレス解消にもおすすめ♪


8/12(日)の第2回目は空きもありますので

都内にいるよ〜〜!

という方は漢方&ヨガを学び、薬膳ランチで体と心が喜ぶ休日にしませんか(^ ^)♪

漢方薬剤師による健康・美容のつくり方

東洋医学の知恵をつかって健康や美容に関して配信 漢方は難しいと思われがち。はじめての方にも分かりやすいように心がけています。

0コメント

  • 1000 / 1000