頭痛、だるさ、痙攣・・熱中症に注意〜大暑〜

こんにちは。

kampo's薬剤師・薬膳師の山口りりこです。


【大暑】にぴったりな気候ですね。

暑くてばてておりませんか?

 頭痛、吐き気、痙攣など・・・

それは熱中症のサインかもしれません。

特に今年は異常な暑さですね。

夏に強い!と自負している方も「熱中症」を意識しておきましょう。


【夏バテ、熱中症に注意!】

漢方の考え方は熱中症や夏バテは

《暑熱(しょねつ)》によるもの。

蒸し暑い環境が体に影響していると考えます。 


汗のかきすぎや熱がこもることで

疲れ、のぼせ、動悸、頭痛、便秘など

おこりやすくなります。


また、暑いとイライラしやすく睡眠の質も悪くなりがちです!


暑くて喉が乾くと冷た〜い水分をたくさんとりたくなりますが


胃腸の機能が弱っているとうまく吸収できません。


おなかがぽちゃぽちゃしたり、下痢やむくみとなりやすくなります。


夏の食材をいかして、体調のケアをしましょう(^ ^)!


【熱がこもっている時のおすすめ食材】

スイカ、グレープフルーツなど少し苦味のある柑橘、トマト


汗をかきすぎているときは、

スイカに塩をつけるなど少し塩分をたすと良いです(^ ^)


【夏バテおすすめ漢方】

市販で買えるおすすめ漢方をご紹介します。


喉が乾いてほてる、頭痛がする、疲れがとれないとき

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)


体にこもった熱をとる生薬と、高麗人参など体に元気を与える生薬が入っています。



胃腸が弱って食欲がない、だるさ、手足が冷えるとき 

六君子湯(りっくんしとう)


この漢方も高麗人参が入っています。

消化を助ける効果もあり、食欲がないとき・胃腸が弱い人におすすめです。


これらの漢方はドラックストアでも購入できるので、症状がひどくなる前にセルフケアをおすすめします。

症状の強いときは病院にいってくださいね。  


【大暑kampo's前菜】

スイカと夏みかんのスムージー

7/23〜8/6



【セミナー情報】

8/5(日)8/12(日)

漢方薬剤師による健康・美容のつくり方

東洋医学の知恵をつかって健康や美容に関して配信 漢方は難しいと思われがち。はじめての方にも分かりやすいように心がけています。

0コメント

  • 1000 / 1000