おさらい編・続【第4回】漢方・薬膳スクール〜自律神経、ストレス〜

こんばんは(^ ^)

kampo's監修薬剤師山口りりこです。


日も長く暑くなってきましたね!

梅雨前のお天気の良さが心地よいです♩


先週に6月のセミナー告知をしたのですが

もう定員間近です。

今回は異例なペースでびっくりしております!

もう少し多くの方に知っていただけるよう、考えないとな〜と考えております!


さて、5月の漢方薬膳スクールの復習の続きです。

前回はつまりタイプか?消耗タイプか?

をチェックしていただきました。

(前回内容↓)


つまりタイプとは・・・

ストレス・忙しさ・イライラにより循環できずに停滞している状態です。


「気」は体内で循環して健康を保っています。

しかし停滞すると

ため息が多くなったり、胸やお腹の張りがでてきます。


また

ストレスによる体調変化が大きくなります。

例えば

体重の増減が激しい、感情の起伏が激しい状態などです。


この気を巡らせる担当をしているのが

「肝」

(木のグループ)




そして!日本人に多いのが

「ストレスによる胃炎」

上の図でみると胃は土のグループに属します。


本来バランスをとって成り立つのですが

ストレスにより「肝」(木)の働きが悪くなると

「胃」(土)に飛び火してしまうのですね。


弱みにつけこんでストレスの症状が「肝」の部分でなく「胃」の部分にでてしまうのです。


つまり、胃の症状をよくするだけでなく

気を巡らせないと体質改善にはならないわけです。


そんなつまりタイプにオススメ食材が

パクチー、みかん(皮)、そば、えんどう豆

でしたね!

香りの良いハーブや柑橘類は気のめぐりをよくしてくれます(^ ^)


消化が悪い時は

消化薬の大根に、柚子などの柑橘を一緒にとると効果的です♩


そしておすすめ薬膳茶は

ジャスミン茶+ミント+みかん皮


ジャスミン:イライラ、鬱を抑制

ミント:目の充血、イライラの頭痛

みかん皮:胃腸を温め消化を促す

お試しください〜(^ ^)♩


漢方薬剤師による健康・美容のつくり方

東洋医学の知恵をつかって健康や美容に関して配信 漢方は難しいと思われがち。はじめての方にも分かりやすいように心がけています。

0コメント

  • 1000 / 1000