花粉症コラム

こんにちは(^ ^)

薬剤師・薬膳師の山口りりこです。


これからの時期、花粉症に関しての情報をよく目にすると思います。


●花粉症は季節性アレルギー性鼻炎●


もうそろそろ、気配を感じている方もいるかも?

よく聞かれることなどまとめました。


↓↓↓clickしてください

今年こそはツライ花粉症で苦しまないように…!薬剤師が教える東洋医学からみた食べ物などの予防対策方法と漢方の使い分け方。

こんにちは。薬剤師・薬膳師の山口りりこです。 大雪があったため花粉の飛散がおくれていたようですが、そろそろ花粉が・・・。 今年は大雪があったため花粉の飛散がおくれていたそうですが、1月23,24日の強い風により「飛散開始」が確認されました。 関東では昨年の1.5倍の飛散量予測だそうです。(日本気象協会) ということは・・・ついに花粉症シーズンの到来! 東京でのスギ花粉のピークは3月上旬から中旬。 続いてヒノキ花粉・・と花粉症のある人にとってはつらい時期ですよね。 今回は花粉症などアレルギーの予防や体質改善についてお話したいと思います。 こんなに多い!鼻炎患者! 花粉症の正式名称は「季節性アレルギー性鼻炎」といいます。 10代のこどもでも3人に1人はアレルギー性鼻炎を患っていることがわかります。 自分の子どもの頃と比べても圧倒的に多いように思います。 アレルギー性鼻炎の3大症状は 鼻水・鼻づまり・くしゃみ 初期の風邪と見分けがつきにくいですが、透明な大量の鼻水と、発作的なくしゃみが特徴ですね。 また、それ以外の特徴的な症状は目・鼻のかゆみです。 顔がはれぼったいような感じもして不快な症状が続きます。 お化粧がのらないのも女性にとってはモチベーション低下の一つですよね。 ちょっと待って!点鼻薬依存になっていませんか? 「病院にいかなくても、点鼻薬でよくなるから大丈夫〜」という方も多いと思います。 しかし、その点鼻薬の効きが悪くなっていませんか? ドラッグストアに売っている点鼻薬も乱用すると、鼻づまりを余計に悪化させてしまいます。 注意したい成分 「ナファゾリン」「テトラヒドロゾリン」「オキシメタゾリン」 これらは即効性があり、血管を収縮させることで鼻の通りをよくします。 しかし繰り返しつかうことにより、もとの状態よりも充血してしまい、余計に鼻づまりがひどくなることもあります。 長く続くような鼻炎には控えることをおすすめします。 数え切れないアレルギー疾患 鼻炎だけに限らず、アトピーや、食べ物からおこる食品アレルギー、ほこりやダニなどが原因となるハウスダストアレルギー・・ あげれば数え切れないほどあります。 アレルギーは免疫システムが働いておこります。 カラダの中にはいった花粉やハウスダストの異物を外に追い出そうとするシステムが過剰になった状態です。

IN YOU |マクロビオティックWEBマガジン


◼︎腸内環境と花粉症のこと

◼︎点鼻薬や使っていいのか?

◼︎市販で買える漢方薬

など分かりやすく書いたたつもりです(^ ^)



3月には

【花粉症・アレルギー】薬膳ランチ付きセミナー

も開催します♩



セルフメディケーションをどんどん推進していきたいと思います!

漢方薬剤師による健康・美容のつくり方

東洋医学の知恵をつかって健康や美容に関して配信 漢方は難しいと思われがち。はじめての方にも分かりやすいように心がけています。

0コメント

  • 1000 / 1000