漢方って日本の伝統医学?!意外と知らない漢方・薬膳についてわかりやすく解説!

おはようございます(^ ^)


webメディアに掲載されました!

漢方・薬膳について知ってるようでしらないことをかきました。

✔︎漢方って中国?

✔︎漢方に副作用はないんでしょ?

✔︎漢方は長く飲んで効くもの?

✔︎お母さんが家庭でのドクターに?!

といった内容です。

よかったらご覧ください(^ ^)

↓↓↓クリック

漢方って中国のものじゃないの?漢方は日本の伝統医学です。流れる鼻水がすぐとまる!実はすぐ効くものもある、意外と知らない漢方・薬膳を薬剤師が解説

漢方のイメージってどんな感じですか? 体に優しそう、副作用がなさそう、体質改善できそう、すぐには効かない こんにちは。薬剤師・薬膳師の山口りりこです。 「漢方 」と聞いてどんなイメージをされますか? 私は漢方薬局に入社するまで、エビデンス(科学的根拠)はないけど、なんとなく身体にいいんだろうな〜 くらいにしか思っていませんでした。 今日は、耳にはするけど意外と知らない漢方・薬膳についてお伝えしようと思います。 木を見る西洋医学、森を見る東洋医学 西洋医学と東洋医学は根本的に違っています。 例えば「痛み」について極端にいうと西洋医学は《痛みを取り除くこと》が治療です。 東洋医学は何故痛むのかを身体全体のバランスをみて《痛くならない体質にすること》が治療です。 薬の出し方もやはり違っていて西洋医学は木(病気)に対して薬をだすため、木(病気)が多ければ多いほど、薬の種類が増えます。 それに比べて東洋医学は森(病人)をみるため、病気がいくつあろうが病人全体でひとつと考えます。 少し歴史をお話すると もともと江戸時代には漢方薬を使っての治療が主流でした。 生薬をごりごり刻んでお薬をつくっているようなイメージです。 明治になり医師制度をつくるにあたり、体系化しやすいのが西洋医学だったため、そこから西洋医学一色になっていきます。 しかし最近ではテレビで漢方のことを放送したり、薬膳に関しての民間資格ができたり、若い人たちの間でも認知度があがってきました。 病気ばかり目にいきがちだったのが、個人個人の体質も考えるようになってきた証拠です。 漢方に副作用はないの? あります! 漢方薬は国でみとめられた医薬品 医薬品と聞くと化学物質のようなイメージがありますが、国が認めた効能効果があるかどうかなのです。 漢方薬はほとんどが植物からできていますが、効能効果があるため医薬品になるんですね。 医薬品には必ず副作用はあります 例えば、山芋にアレルギーがある人がとろろそばを食べて痒みがでると、「アレルギー症状がでた」となります。 しかし漢方薬に山芋が入っていて痒みがでると「痒みという副作用がでた」となるのです。 つまり、医薬品である漢方薬にも副作用はあるのです。 まれに肝機能障害など重い症状がでることもあります。

IN YOU |マクロビオティックWEBマガジン

漢方薬剤師による健康・美容のつくり方

東洋医学の知恵をつかって健康や美容に関して配信 漢方は難しいと思われがち。はじめての方にも分かりやすいように心がけています。

0コメント

  • 1000 / 1000